"タイトルなし"〜閑話休題〜掲載について
2005/02/20


こんにちは、新耳スタッフです。

この度、原作者の木原氏より許諾を頂きまして、"タイトルなし"という話を掲載することになりました。
この"タイトルなし"という話は、只今出版されている単行本「新耳袋」の閑話休題として収録されています。
閑話休題とは言わば「それはさておき…」という意味のお話です。

「新耳袋」は百物語の形式にのっとり全九十九話にて一冊が完結するように作成されておりますが、実はこの閑話休題を一話と数えてしまった方は、百物語が完成してしまう仕組みになっているのです。と、木原氏は言います。

みなさんは一話として数えましたか?
どうぞ"タイトルなし"の話の緑色の話を拝読ください。


| |



「裏耳袋」へ

サイトトップへ